わが家のアボカド太郎たちの話


えっと、左から、長男アー太郎、次男ボー太郎、三男カー太郎、四男ドー太郎です。
1ヶ月ほど前に長男の水耕栽培を開始しましたが、未だ無反応です。
収穫されてから店頭に並ぶまでの保管状況によっては発芽しない場合も大いにあり得るため、それについてはさほど気にしていません。
なので、数撃ちゃ当たる方式で兄弟が増えているというわけです。
(※全員肌色なのは、私が皮を剥いて素っ裸にしているから。なんかその方が良いらしいですよ。)


長男のおしり。
最近やや緑がかってきました。
こういう陽気なので苔かと思ってゴシゴシしてみたけどそれでも緑なので、種自体が変色しているようです。
でもただそれだけ、何も起こらず。


次男の頭。
長男より一回り大きいこの人も無反応です。


ちょっと期待している三男です。
なぜ期待しているかというと、水耕栽培を始めてから日が浅いのに、パックリ割れ目が現れたから。
(他のもうっすら割れ目のような線が入っているけど、割れてはいない。ちなみに茶色い線はアボカドをカットするときにできた傷跡で、割れ目とは別です。)
割れ目から根っこがニョキニョキ伸びてこないかなーと毎日観察しています。


ガタイのいい四男です。
この人はちょっと高めのアボカドで、売られているときはフカフカのネット(よくメロンが入ってるヤツ)に入って、ピカピカのシールを貼られていました。
確かに美味しかった。
種も立派なのですが、しっかり温度管理されている可能性高し。
それでも捨てられずに水耕栽培に挑戦してみました。


そして最近五男も仲間入り。
もうお猪口みたいなグラスもないので空きビンがおうち。
そもそも水耕栽培用のは長男分しかなかったから、次男以降見栄え悪すぎなんだけど。
あ、五男以降は無名です。


もし六男が仲間入りするとしたら、もうかわいくないビンしかありません。
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

Access counter

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Profile

カリ

Author:カリ
毎日更新が目標だったけど、なかなか難しくなってしまった・・・。
でも楽しみにしている人がいてくれることを励みに、自分のペースで更新中です。
内輪での閲覧目的で開設したのですが、通りすがりの方にもちょっとほくそ笑んでいただけたら嬉しいです。

Blog parts

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」


キャンドル ブログパーツ



QRコード

QRコード

ブログ内検索