FC2ブログ
  • home >
  • 2014年08月06日

山小屋の夕ごはん


お待ちかねの夕ごはん。
ハンバーグカレーです。
宿泊の人はみんなコレらしい。
おいしかったなー。
あったかいお茶がまたうまし。
スポンサーサイト



本日のお宿まで


日が入ってしまったので急がなくちゃと思ってはいるものの、体が言うことをきかんのです。


スローペースながら登ると、やっと予約した山小屋が確認できる距離まできました。
本8合目までもう少しだ!


やっときました、本8合目。
19時の気温、なんと4℃。
真冬です。


そして到着。
いやー、遠かった。
でも無事に着いて良かったです。
5合目スタートから5時間強。


山小屋からの景色。
雷雲がピカピカしてた。

8合目までの景色


これ登山道ですよ。
一見キツそうだけど、そうでもなかったりする。
ここから山頂までは295分。
TDL以外でこの表示見ないよな。


だいぶ登ってきました。
下界は雲の中。


撮影拒否の人。


こんな角度のとこ登りました。
怖くて泣いてる人とかいました。
確かにちょっとバランス崩したら後ろの人たち巻き込んで大事故になっちゃう。


自分にとってはそうではなかったけど、女性の華奢な足では岩場は登りづらいらしく、時折前に進めず渋滞が発生してしまったりします。
渋滞だと登るスピードが制限されるので、かえって初心者には良かったりします。


やっと8合目の山小屋群が見えてきた。
近いようだけど、あそこにたどり着くまでにはまだまだかかります。


岩場はとっくに終わってこんな砂利道が続きます。
本当に辛い。
またも泣きながら登る人に遭遇。
気持ちはよくわかる。


やっと8合目到着。
でも私たちの今日の宿はその真上に見えているヤツなので、まだまだ登らねばならないのです。


さらに8合目の別の山小屋。


3250mまで登ってきましたー。
早くしないと暗くなってしまう。

7合目までの景色


6合目を後にし、ひたすら登る。


樹木はもう生えていないけど、高山植物が生い茂っています。


日差しが強いんだなー。
すでに日に焼けていると思います、サングラスのあと付きで。
またシミが増える。


ミロの袋が膨らんできた。


7合目手前で岩場になります。
砂利道より岩場の方が登りやすい。
ボルダリングをやっていた息子は、岩場に限りスイスイです。


7合目到着。
500mほど登ってきました。

6合目までの景色


始まりは平坦な道。
時折馬糞あり。


雲の動きが速くてつい眺めちゃいます。


まだ余裕がある。
本日のテーマは「色彩の暴力」。
山ガールは派手目の方が良いよね。


今度は岩の道。


本日の山頂の天気。
雨降らなきゃいいな。
最低気温は3℃。
真冬だよな。


早くも雲の上です。

準備オッケイ、しゅっぱーつ!


富士山5合目では、まだまだ辰兄がご活躍のようです。
お元気そうで何より。
先日下界の山中湖ではすっかり薄っぺらくなったお姿をお見かけしたもので。


おんまの横を抜けて、


ここから登山道の始まりです。

お昼ごはん


登る前にお昼ごはん。
富士山ラーメンを食べました。
どのあたりが富士山なのかは不明ですが、思いのほかおいしくて、息子は気に入った様子です。

ただいま2305m


富士山5合目到着です。


体を慣らすためにしばらくここで過ごします。


まずは郵便局。


そして散歩。

北斎のバッジ


富士北麓駐車場に到着。
富士山の入山料徴収テントがあったので、1000円ずつ支払ったところバッジをもらいました。
大好きな北斎の絵。

これからバスで富士山5合目に向かいます。

寄り道2


あまりにも富士山がキレイだったので、大石公園に寄りました。
下界は晴れの予報だけど、富士山は連日雨の予報で、このところ雲に隠れていました。
なので雨登山の支度をしてきたけど、この様子だと大丈夫かも。

Access counter

Calendar

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Archives

Profile

カリ

Author:カリ
毎日更新が目標だったけど、なかなか難しくなってしまった・・・。
でも楽しみにしている人がいてくれることを励みに、自分のペースで更新中です。
内輪での閲覧目的で開設したのですが、通りすがりの方にもちょっとほくそ笑んでいただけたら嬉しいです。

Blog parts

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」


キャンドル ブログパーツ



QRコード

QRコード

ブログ内検索