FC2ブログ
  • home >
  • 2012年07月15日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰り道のとも

BBQも終わり、おうちの中で団らんタイム。
ここでまーしより私たちにおみやげがあるとのことで、争奪ゲーム大会が始まりました。
変顔合戦、ジェスチャークイズ、しり文字クイズの総合順位に合わせた賞品が用意してあるのだそうです。

まずは5人で変顔合戦。
子供たちが審査してくれました。
7票のうち4票を獲得した私が1位に!
ヤタヤター!
その後子供たちが出題してくれたジェスチャークイズと尻文字クイズにも答えることができ、なんとわたくし、優勝しました。
予想外、ダークホース的な。
私、優勝キャラじゃないんです。
嬉しかったー。

そして表彰式。
5位もめし→クマの小物入れのような灰皿のような
4位ぬみえん→怪しいがぬみえ家にピッタリのオリエンタルな人形
3位えみー→小ニポポ
2位チュ子→中ニポポ
1位カリこと私→巨大ニポポ(全長およそ50cm)

そういえばさ、帰り際に「絶対置いてかないでね、ちゃんと持って帰ってねー。」ってまーし言ってたっけ。
こういうことだったのか…。
さすが。


一瞬だけ途方に暮れそうになったが、やっぱり嬉しい!
一緒に山梨に帰るわよ!

羽田までは基本的に車で行くのに、こういうときに限って電車なんだ。
でもそんなの気にしなーい。
スポンサーサイト

みんなde BBQ

さてさて、合宿所に戻って参りました。
夕ごはんはみんなでBBQ!
残念ながらまーし一家は(除:こっこくん)ここでお別れ。
時間は短かったけど、濃厚な一日でした。
本当にありがとう!!
(とここで別れを惜しんだが、その後まーし不在にもかかわらずその存在感を思い知らされることとなる)


北海道では各家庭に当たり前のように常備してあるというジンギスカンのたれ。
漢字で書くと成吉思汗なんだ!


当たり前のようにマトン(いや、ラムか?)がありました。
他にもホタテホルモンなど山盛り。
そういえば、ハラミのことを北海道ではサガリというそうです。


ドーラさんの大活躍により、火をおこしてBBQスタートです。
焼き鳥もフランクフルトもイカも野菜も焼くわよー!

ショウガがきいたジンギスカンのたれは美味しくて、とにかくモリモリ食べました。


そして、今や米どころ北海道の炊きたてのごはんでウニコさんや村長たちがにぎってくれたおにぎり。
激うま!


あ゙ー、もっとたくさん食べたかったのに、胃袋が限界に。
くやしー、胃袋の馬鹿バカ!

とにかくそれぞれ美味しかったです。
楽しい雰囲気が更に美味しくさせるのかな。

今日はポロトコタンで囲炉裏の煙に燻され、地獄谷で硫黄の煙に燻され、BBQの煙に燻され、臭くて楽しい1日でした。

巨大化


すんげーのがいた。
ほっかいどーはでっかいどー。

地獄界隈

地獄谷を後にして、その周辺で観光&ショッピング。
お目当てはアレ。


地獄なので金棒もった鬼がいたり、


閻魔さまもいます。


何時間かに一回こわーい顔に変身します。
運良くちょうどそのタイミングでした。
ちびっこが引いてしまうほどの恐ろしさ。

脇にあるハメ顔には当然その達人が挑むわけで、写真は載せないがプロの技を見せつけていただきました。
生で鑑賞できて嬉しかった!


お目当てのアレとは生ちちのことです。
みんなで押しかけたので行列になってしまった。


ソフトクリームが硬めなのでひとつを完成させるのにちと時間を要します。
ぐるぐる作る様子が独特で面白かった。
で、お味もヨシ。
牛乳の味がして美味しかったです。
だがしかし、食べ終わったら体が冷え切った。
北海道寒い!

あ、バックはカニです。


ひしめき合うカニ、かに、蟹。


しばしの自由行動ののち、さっきのより勢いのある間欠泉前に集合。
やはり鬼、でもかわいい。

臭いし寒かったけど、面白かった。
登別は箱根に似たような感じでした。

そして地獄へ


なんちゅうネーミング。
まもなく地獄谷。


地獄という名に相応しい赤い目の暴れ熊がケットラの荷台に括りつけられています。
ガオー。
(この数十分後、このままの状態で坂道を下っていくのを目撃。クマ牧場へと帰っていくところだと推測。)


あい、到着。
地獄谷にやってきました。
ケムリもくもくですごい硫黄臭。
ある意味地獄です。


赤い山肌とこびりついた黄色の硫黄がおどろおどろしい景色です。
なんかこわーい。


ボコボコしてる間欠泉があり、特にここは匂いがきつく、長居できませんでした。


三途の川?
知らぬ間に渡って戻ってきていたようです。
危ない危ない。

不思議な景色の写真をたくさん撮りました。
全員がキョーレツな硫黄臭をまとい、地獄谷を後にします。

ポロトコタン


がおー!
ポロトコタンにやってきました。


ポロトコタンとはアイヌ民族博物館のこと。
なんか遠足気分です。
団体割引適用されたしね。
そういえば入場までに20~30分かかったなー。
混んでたわけではなく、おもしろいものがありすぎて。

中に入ってからもスローペース。
だっていちいち足を止めるほど興味深いものばかりなんだもーん。


この犬見たことあるような気がしませんか?
カレはあのお父さん犬カイくんの実の息子なんですー。
お父さんって北海道犬だったんだね。


ペタン。
みんなが近寄ってきたらこんなサービスショットを披露。
さすがタレント犬の血統です。


向かいの檻にはくま!
デカい!
自ら生み落とした爆弾をクンカクンカ。
何を意味するのでしょうか。
このとなりの檻のくまはうちの息子と同じ名前で同い年でした。

この後、最大の目的であったくま人形のアレがアレでして、一同落胆しながらもアレがあるはずの場所を眺めながら、口々にアレがないとザワザワしたのでした。
(わかる方だけわかってください、アレのことは)


アイヌ民族のおうち。
中はひろーい一部屋で、囲炉裏があってお部屋の中が燻されていました。
鮭がいっぱいぶら下がっていた。


絵に描いたような湖はポロト湖。


おうちの中ではアイヌのお歌や古式舞踊を見たり、生活のことや言葉のことなど、勉強になる話を聞きました。
北海道の地名の80%(だっけ?)はアイヌ語が語源になっているんだとか。
昆布とか、シシャモとか、ラッコとか、当たり前の単語もアイヌ語なんですって。


ムックリという楽器(口琴というらしい)をビーヨビヨやっているところです。
例えるのが難しい不思議な音。
ちょっとホーミーのような、なんか宇宙っぽいような、とにかく怪しい音がします。


そしてその後、アイヌの民族衣装を着ました!
何気にかわいい。
ちょいエスニックテイストです。
しかも全員似合う。
これを着てお外で撮影会をしました。
楽しすぎた。

寒くてずっと着ていたかったが、仕方なく脱いでポロトコタンを後にしたのでした。
(といっても脱いでから駐車場に行くまでまた何十分もかかっている)
また行きたいスポットです。

ひとり一腹

さてさて朝ごはん。
炊き立てのごはんとおみそ汁と、


タ・ラ・コ!!
すごい量です。
まさにほっかいどーはでっかいどー。
しかもうまし。
贅沢に一腹茶碗に乗せていただきました。


ゆみえんぬからのおとうふかまぼこも。
ふぁっふぁで美味しかったです。

朝から元気出るね。
おまちかねのふたりも合流し、さらに楽しくなる予感。

2日目の朝

早起き。
今日は言いだしっぺのふたりが合流の予定です。
朝からまたドキドキワクワク。
身支度を済ませて子どもたちとお外へ。


おうちの前の小さな川には温泉が流れているんです。
川から湯気出てる。


そしてそこには熱帯魚。
子どもたちが捕まえて大はしゃぎです。

そして数メートルほど先にある室蘭本線にはいろんな電車が行き来していて私たちはそれに大はしゃぎ。
貨物列車とか寝台特急とか、面白かったー。


ずーっとまっすぐな道。


青い虫。
なんだろ、初めて見た。

空港~合宿所

空港ではサプライズなお出迎えがあり、すっごく感激しました。
(ご本人たちの名誉のために写真は控えます、ププ)
フツーの装いで行った自分に後悔。
次はさらに張り切って行くか。


ありがたいことに空港まで迎えに来ていただき、車で合宿所へ行きました。
北海道に降りたって、札幌には足を踏み入れないという通な旅。
これも北海道のみんなが連れてってくれるからこそなせる業です。
それにしても、道路がずーっとまっすぐで感動。
これぞ北海道的な。


白老に着くと、さらなる賑やかなお出迎え。
それぞれのおうちのかわゆい子どもたち(+怪しいチアガール)が歓迎してくれました。
きっと練習したんだよねー。
かわいくて感激しました。
そしてお部屋に入るとご馳走!
こんなにたくさん用意してくれました。
ザンギとかスープカレーとか、パエリアとかサラダとか、もうたっくさんのお料理。
しかもそれぞれ美味しい!
みんなのアツい愛を感じたのでした。


謎のスフトカツゲン(ヤクルト系のヤツ)と北海道限定のビールなど、とにかく堪能しました。

遅くまで楽しく話して、なんとおうちにある温泉に入りました。
肌ツルツル。
ひどい肌荒れで処方してもらった薬を一切使いませんでした。
そのくらい効いた。
こりゃみんなより美人になって帰ることになりますなー。

とにかく楽しくて感激して言葉にならない一日目が終了です。
明日はどんな楽しいことがあるのかな。
おやすみなさい。

Access counter

Calendar

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

カリ

Author:カリ
毎日更新が目標だったけど、なかなか難しくなってしまった・・・。
でも楽しみにしている人がいてくれることを励みに、自分のペースで更新中です。
内輪での閲覧目的で開設したのですが、通りすがりの方にもちょっとほくそ笑んでいただけたら嬉しいです。

Blog parts

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」


キャンドル ブログパーツ



QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。