FC2ブログ
  • home >
  • 2011年03月11日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酷、

14:45にアラーム代わりの電話を入れて着席した。

一息ついてまたモニターに向かったら窓の方から音が聞こえてきた。

風が窓を叩くような音だったけど、揺れていたのは窓の内側のブラインドだった。

それを見て地震だと気付いた。


揺れはどんどん大きくなった。

向かいの建物の中でも地震に慌てる人がたくさん見えた。

こんな日に限って部屋には一人だった。

デスクの下に潜りかけたが、心細かったので廊下に出た。

今日会うのが2回目の取引先のおじさんが居たので、お願いしてそばに居させてもらった。

あまりの恐怖に半泣きの私に落ち着いて話しかけてくれた。


とにかく長い揺れだった。

揺れの最中、外にお遣いに行ってくれているYOKANが電話をくれた。

パニックで内容を憶えていない。


大きな揺れがおさまりかけたとき、停電になった。

電話も通じなくなった。

部屋の様子を確認するために中に入った。

食器棚の扉が全部開いていた。

書庫の引き戸も開いていた。

でも落下したものはほとんどなかった。


その後も余震が続いた。

その度廊下に出ておじさんの傍らに居させてもらった。

誰かが東北がヤバいらしいと言ったのが聞こえた。

仙台の友達のことが頭をよぎって、また半泣きになった。


ケータイのテレビは辛うじて観ることができた。

どこを中継していたのかはわからないけど、黒煙が上がる映像だった。


その後小学校に息子を迎えに行った。

道中の車内のテレビだけが唯一の情報源。

信じられない映像ばかりだった。

信号はほぼすべて止まっていたけど、みんなが譲り合ってスムーズに進めた。

引き渡し訓練の時のことを思い浮かべたが、タッチの差でじいじが迎えに行ったところだった。

家の中より車の中のほうが便利だったので、しばらく息子と二人で車で過ごした。


YOKANと連絡が取れたので、息子を実家に置いて仕事に戻った。

戻っても停電の中できることはなかった。

ただひとつ、地震とは関係なくすごく惨めな思いをする事態があった。

落ち込んだ。


再び実家へ帰った。

18時を過ぎていたので外は暗くなりかけていたが、家の中はもっと暗かった。

そして何より寒かった。

母が試行錯誤して夕ごはんの支度をしていた。

電気がいかに大切なのかよくわかった。


その後23時過ぎまで停電したままだった。

私は途中出かけたが、家族は家で暗くて寒くて長い時間を過ごしたと言っていた。

電気が復旧したので家に帰ることにした。


帰宅後手を洗おうとしたら水が出なかった。

うちのような古い集合住宅は停電=断水らしい。

仕方がないのでまた実家に戻った。

お風呂と歯磨きを済ませてまた帰った。


なんだかぐちゃぐちゃな日だった。

地震はすごくショックだったけど、それとは違う種類のショックもあった。

仙台の友達と連絡が取れたことだけは嬉しかったけど、それでもちょっと切なかった。



犠牲になられた方のご冥福と、行方不明の方のご無事と、被災された方の1日も早い復興と、他にも色々、とにかく心よりお祈りいたします。

私も負けないように頑張らねば。


スポンサーサイト

Access counter

Calendar

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Profile

カリ

Author:カリ
毎日更新が目標だったけど、なかなか難しくなってしまった・・・。
でも楽しみにしている人がいてくれることを励みに、自分のペースで更新中です。
内輪での閲覧目的で開設したのですが、通りすがりの方にもちょっとほくそ笑んでいただけたら嬉しいです。

Blog parts

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」


キャンドル ブログパーツ



QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。