• home >
  • Kyoto・Osaka13

この旅で買うたもの

そんなに激しく買い物をしたつもりはなかったけど、やはりちょこちょこ買ってるようです、私。


どうしても外せないのは阿闍梨餅。
これにはいろいろな思い出が詰まっていて、YOKANとあぽーと泣きながら食べるのだ。
嗚呼、ハマー!


大好きな麩まんじゅう。
左上に季節限定のいちごマーク。


帰ってきてから冷蔵庫に入れるのをうっかりしてしまったが、無事でしたー。
美味しかった。


よーじやで買った和紙たおる。


その名の通り、和紙でできたボディタオルです。
ベースは綿で、表面のクルッてなってるところが和紙なんです。
水に濡れても平気なんだって。


ルピシア京都寺町三条店限定のお茶セット「四季」。
限定缶じゃないココデシカがあるなんて初めて知りました。


中には春夏秋冬それぞれのお茶が。
どれも魅力的。
飲むのが楽しみです。


ちげたんと行った中崎町の雑貨屋さんで買ったがま口。
キノコ柄とうさぎ柄、迷った結果こちらにしました。


中のサイケデリックな感じが好きです。
最近パンパンで壊れかけてるカードケースをやめて、これを使う予定です。

なかなか良い買い物しとるよな、たぶん。
スポンサーサイト

さらば Kyoto


今日停めてたコインパーキングの近くの消防署脇の裸像。ププ。

一通の多い京都市内の道をグルグルして、いよいよ古都の景色に別れを告げるぞってとこで一本道を間違える。
そしてまた渋滞の市内をグルグルするハメに。
ルートは修正できたがガソリンが少なくなりスタンドを探す。
時間が遅くなってしまいセルフしか開いていない。
わたくし、これだけ激しく車に乗ってるくせに、セルフのGS行ったことなかったんです。
というわけで、セルフGSデビューしました。
てへ。
ここまでのタイムロスおよそ1時間。
何やってんだ、オレ。

気を取り直して来た道をブーーンとすっ飛ばします。
もちろんSAPAでハイウェイスタンプを押すことは忘れません。
前にも述べた通り時間が遅くなってしまったため、閉まっているところもありました。
閉まったドアの向こうにスタンプ台が見えてるのは悲しかったなー。

近畿圏は寄り道も楽しかったが、また岐阜辺りで飽きてくる。
そして深夜故にだんだん眠くなってくるのです。
そんなときは高速走行中でも窓全開で気を引き締める。
そして歌う。
苦手な辛いガムを噛む。
この繰り返し。
もはやSAPAは素通りです。

そして午前2時。
無事に甲府まで帰ってきました。
深夜割引で高速料金が4000円切っててビックリしました。
遅いとしんどいけど、ちょっと得したなー。
昨日も今日も移動の時間が長かったけど、すっごく楽しい旅でした。

点灯


ショッピングも終盤。
残るは息子へのおみやげ。
いやおみやげというより、注文受けたので仕入れでしょうね。


ショッピング終了。
早めに帰ろうと思っていたが、結局長居をしてしまった。
帰るのがちょっと惜しかったんです。
さーて、また長ーいドライブの始まりです。
家に着くのは深夜になります。

抹茶パンケーキ

行きたかったお寺への拝観が終わり、残すはショッピング。
その前におやつを食べに行きました。


うめぞのカフェです。
行列ができるようなことを聞いていましたが、幸い外で待つことはなく、お店の中で少しだけ待ちました。


何を食べるかはもう決めていました。
抹茶のパンケーキ!
お皿を持って揺らすとパンケーキがプルプルするほどふわとろなんです。
乗っているのはこしあんと黒糖バター。
厚めだけど口に入れるとフワッと解けてしまうような感覚。
とにかく美味しかったです。


鈴虫寺に行きました。
虫って、蟲なんだ。
で、この写真は拝観のあとの帰り際の写真。
拝観の前はというと、


この行列です。
一度に250人(だったかな?)入れるらしいので、ここまで並んでいても入れるらしいとのことでした。

しばらく待った後、ゾロゾロ動き出す行列。
石段を上がり、わらじを履いたお地蔵さんを横目に通り過ぎ、お寺の中へ靴を脱いで上がりました。
テーブルと座布団があり、座って説法を聞くのです。
しかもお茶とお菓子付き。
部屋の中は鈴虫の鳴き声が大音量で響いていて、スピーカーから聞こえるのかと思い部屋を見回すがスピーカーのようなものは見つからず。
部屋の前方にある大きなケースの中で、何千匹か忘れちゃったけど本物の鈴虫が鳴いていたのです。
お部屋の温度を一定に保って、一年中鈴虫が鳴くように管理しているんですって。
(撮影禁止のため写真はなし)
説法はそれなりにおもしろかったです。
鈴虫寺の歴史とか、お庭の話とか、お願い事の話とか。
芸能人の話はいらん。
終わって部屋を出たところであの黄色いお守りを買えるのですが、
「5つください」
「10個ください」
みたいな光景にはちょっと違和感。
お寺側もまとめ売り用の準備万端でした。
そういう私もお守り買ってるんですがね、自分も含めて違和感が残る。


気を取り直して、お庭の竹です。
いろんな種類の竹があるそうなんです。
四角いのや三角の竹、節の形が不思議な竹。
お庭を眺めた後、わらじのお地蔵さんにお願い事をして帰りました。
違和感を感じているようじゃ願い事は叶わんかもね。

苔寺

河原町から阪急電車でブーンと松尾までやってきました。
駅から歩いて15分くらい。
(バスだとバス停は近いけど、京都駅から1時間弱かかるらしい)
西芳寺(苔寺)です。
拝観を制限してる世界文化遺産です。
事前に往復はがきでの申し込みが必要なんです。
12月に一度申し込んでいたけど悪天候のためキャンセルしてしまったので、念願かなっての拝観です。


到着すると門が閉まっていて、その前に十数人の人が門が開くのを待っていました。
指定の時間は13時。
その15分くらい前(だったと思う)に門が開き中へ入りました。


人気がなく静かな境内。


受付を済ませ写経の用紙をいただきました。
ちなみに拝観料は3000円。

ここから先は撮影禁止のため写真はありませんが、1時間弱かけて本堂で写経を体験しました。
初めてだったけど、すごく楽しかったです。
正座をしていたので足がピリピリしたり、となりのお嬢さんがうるさかったり集中できないトラップがありましたが、時間をかけて無事書き終えました。
最後に何のために写経をしたのか書くスペースがあるのですが、私はそこまで考えていなかったので、息子の学業成就と書きました。(受験生だからね)
となりのお嬢さんは「良縁」と書こうとして「良緑」と書いてしまったと大騒ぎ。
撮影禁止だって言われてるのにガシガシ撮りまくってたし、そんなお嬢さんにどうか良きミドリが訪れますように。


写経の後は苔のお庭を散歩。
これをすごく楽しみにしていたのですが、


梅雨入り前の晴れ続きのせいで苔は乾いていて、ところによってはひび割れていました。
残念。
でもこれが本当のモスグリーンじゃないか、なんて思った。


モコモコもなんかイマイチ迫力に欠ける。


池のほとりだけは青く見えたけど、なんだかちょっと残念な感じでした。
いや、期待が大きすぎたか。
苔はイマイチだったけど、お庭は手入れされててキレイでしたよ。

いつかまた苔がモリモリの季節に行きたいなーと思います。

Kawa Cafe


建仁寺を出て祇園を抜けて、


鴨川を渡りました。
もう川床の季節です。


せっかくなので鴨川沿いのオサレなカフェ、Kawa Cafeに行きました。


テラスは人気なので要予約みたいです。
席代もかかるらしい。
私はテラスに一番近い席に座りました。
お昼前で若干空いていたので席を選べたのかも。


サーモンとクリームチーズのガレットを食べました。
四角いのかと思ったら、沖縄のポーポーみたい。
味はもちろんガレットで、美味しかったです。

建仁寺のお庭と双龍


建仁寺に到着しました。


ここではこの双龍図を見たかったのです。


拝観の受付を済ませて中に入るとまず風神雷神図屏風を見ることができます。
そんなに大きくないのだけど、すごい存在感がある気がしました。
ちなみに建仁寺のはレプリカで、本物は京都国立博物館にあるそうです。


キレイなお庭。


ゆーっくり眺めてもなぜか飽きないですねー。


こちらは秀吉ゆかりの茶室。


そして重要文化財があちこちにあります。
これだけでももう大満足。

方丈から渡り廊下でつながった法堂に向かいます。
いよいよ双龍図が見れる。
中に一歩足を踏み入れると…


ででーーーん!
広い天井いっぱいの阿吽の龍がいました。
圧巻。
すごい迫力。
格好良かった。
首がつかれるほど眺めました。


最後に一周建物の中を見学しました。
苔の品評会のようなものをやっていて人がたくさんいたけど、そこ以外は空いていて、ゆっくり見て回れました。
いやー建仁寺、良い!

きよみず界隈


清水寺を出て、二年坂を下りました。
ちょうどお店が開く時間帯ということで、よーじやに寄ったりしました。


よーじやのとなりの趣ある風景。


絵になる景色が続きます。


通りがかりに目にとまった八坂庚申堂。
くくり猿というイロトリドリのお守りに囲まれたお地蔵さんが素敵すぎます。
くくり猿は文字通り手足をくくられた猿の形のお守りで、欲望の心をコントロールするんだそうです。
一つ願いを叶えるならば、何か一つを我慢するんだってさ。
なるほどねー。



●追記●


おたべの手提げが散歩したところの景色と一緒でした。

早起きして清水寺へ


おはようございます。
今朝は早起きしました。
早朝から拝観できるところといえば、清水寺。
というわけで行ってきました。
朝からこんな登り坂がキツイです。


でも登ってみると爽快感というか達成感のようなものがありますなー。


清水の舞台は修学旅行生で埋め尽くされていました。


音羽の滝も混み混みで断念。
近くを通るだけにしました。


地主神社も混み混み。
(やはり女子が多いような気がした)
軽くぼかし入れたら卑猥な感じになってしまいました…。

混み混みなりにお参りをして、清水寺を後にしました。

Access counter

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Profile

カリ

Author:カリ
毎日更新が目標だったけど、なかなか難しくなってしまった・・・。
でも楽しみにしている人がいてくれることを励みに、自分のペースで更新中です。
内輪での閲覧目的で開設したのですが、通りすがりの方にもちょっとほくそ笑んでいただけたら嬉しいです。

Blog parts

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」


キャンドル ブログパーツ



QRコード

QRコード

ブログ内検索